CASE

A社は、作家Bとの間で、Bが執筆した小説(以下「本件小説」という)について、A社に1号出版権を設定する旨の出版権設定契約(以下「本件出版契約」という)を締結した。本件小説はA社から単行本として出版された後、文庫化され、本件出版契約に基づきBに対して印税の支払も行われていた。

その後Bが死亡し、相続人である妻C1と子C2が本件小説を含むBの作品の著作権を各1/2の持分割合で共同相続したが、C1とC2は、Bの作品を管理するために財団法人Dを設立し、Bが遺した生原稿などの遺品、そして本件小説を含むBの作品の著作権をDに譲渡した。