Part Ⅳ ❷ 1987年フィリピン革命憲法のキリスト教的起源

Ⅰ.序

政治的近代化において宗教が重要な役割を果たした例は、時代・地域を問わず枚挙にいとまがない。中世イングランドから近世英国への体制の変動におけるキリスト教の役割1)、19世紀のスペイン、南アメリカに立憲制を広めたカトリックの司祭たちの活動2)、また第二次世界大戦後のフランス、ドイツ、オーストリアにおけるキリスト教民主主義政党の勢力3)等を簡単に挙げることができる。近代以降の政治理論が宗教的な議論を中心に据えることが稀である4)とは言え、現代においても政治的実践の多くは「神聖」なるものへの共同の信仰と、その儀礼的な体験・確認に根差している5)