事実

経済産業省(以下、「経産省」という)において勤務する国家公務員のX(原告・控訴人=被控訴人)は、自認している性別は女性で身体的性別が男性のトランスジェンダーである。Xの戸籍上の性別は男性であり、性別適合手術は受けていない。Xは、平成11年頃、専門医(主治医)により性同一性障害との診断を受け、女性ホルモン投与や女性化形成手術等を経るなどして、平成20年頃からは私的な時間の全てを女性として過ごしている。