CASE

B社はシステム開発を行う会社であるが、ソフトウェア会社であるA社の提供するソフトウェア開発ツールを利用して電子機器用向けのアプリケーションを開発し、さらにそれを顧客向けにカスタマイズして販売することを計画している。また、開発に際しては、必要に応じて下請会社を使うことも考えている。

A社からは開発ツールの利用のためには「ソフトウェアライセンス契約書」への署名が必要であるといわれている。A社から提示された契約書には以下のような条項があるが、B社はこの内容で自社が行うビジネスにおいて何らかの不都合が発生することないか不安を覚えている。