ICGNについて

ICGNは、1995年に設立された、総額約70兆米ドルの資産を運用する機関投資家を中心とする組織であり、世界中で最高水準のコーポレートガバナンスとスチュワードシップを推進することにより、長期的な企業価値の向上、ひいては持続可能な経済・社会・環境に貢献することを目指している。

ICGNの会員の大多数は機関投資家であるが、資本市場の全てのステークホルダーが会員となることができ、現に上場企業やアドバイザリー・ファームも会員となっている。現在、世界45カ国以上で約350名の会員が存在し、その42%がヨーロッパ、30%が北米、22%がオーストラリア及びアジア(うち6%が日本)、6%がその他の地域に所在している。