事実

本件は、離婚をしたX(元妻。申立人=相手方・相手方・相手方)とY(元夫。相手方=申立人・抗告人・抗告人)が、それぞれ、財産の分与に関する処分の審判(以下「財産分与の審判」という)を申し立てた事案である(以下、Xの申立てに係る事件を「第1事件」といい、Yの申立てに係る事件を「第2事件」という)。

事実関係の概要は、次のとおりである。

1

XとYは、平成23年に婚姻をしたが、平成29年8月9日に離婚をした。