2022年2月24日にロシアが開始したウクライナへの軍事侵攻は、国際的な非難を浴びながら、数度の停戦交渉を経てなお、本稿を執筆している5月現在続いている。アメリカは一貫してロシアを批判する姿勢を取っており、バイデン大統領はウクライナを支持・支援することを繰り返し明言してきた。そうしたウクライナ支援の一環として、5月9日、「2022年ウクライナの民主主義防衛のための武器貸与法」(2022年武器貸与法)案にバイデン大統領が署名し、同法が成立した。同法案は、ロシアによるウクライナ侵攻の緊張が高まりつつあった1月19日に上院の超党派の議員グループによって提出された。4月6日に賛成多数の発声投票で上院を通過し、同月28日に賛成417、反対10で下院を通過したものである。