事実の概要 

米国のアップル社(Apple Inc.)は、iPhone向けアプリを掲載するApp Storeの運営に当たり、自社策定のガイドラインに基づいてアプリの審査を行っている。iPhone向けアプリは、App Storeのみからダウンロードすることができるが、アップル社がガイドラインを遵守していないと判断したアプリは、App Storeへの掲載を行うことができない。アプリ提供事業者であるデベロッパーは、アプリ内で音楽、電子書籍、動画等のデジタルコンテンツの販売等をする場合、アップル社が指定する課金方法であるIAPの使用をガイドラインで義務付けられている(IAPを使用した売上げの15%または30%が手数料として徴収される)。これに加え、ガイドラインは、IAP以外の課金方法に誘導する外部リンク等をアプリに含める「アウトリンク」と呼ばれる行為を禁止している。