タイにおいては2022年10月25日に「性犯罪・暴力犯罪再犯防止措置法」が公布された(公布から90日後に施行予定)。本法は、立法に中心的な役割を果たした司法省と最高裁判所および検察庁が共管する。司法省は、2019年に性犯罪再犯防止に関する諸外国の立法の調査に基づく報告書をまとめ、2021年には性犯罪等の重大犯罪の出所者の管理を行う「司法安全監視アドホック・センター」(タイ語では人民安全監視)を設置するなどの取組を進めてきた。本法は、出所者に対する強制措置の導入など、再犯防止のための法的基盤となる。司法省原案は重大犯罪法案という名称であったが、政府の法制委員会による法案審査の過程で現在の名称に変更された。