Ⅰ 改正資金決済法の概要

2010年に施行された資金決済法は数次の改正を経ているが、2022年6月3日にも「安定的かつ効率的な資金決済制度の構築を図るための資金決済に関する法律等の一部を改正する法律」(令和4年法律第61号)が成立した。原則として、施行日は、「この法律は、公布の日から起算して1年を超えない範囲内において政令で定める日」とされており(改正法附則1条柱書本文)、2023年5月末頃に施行されると予想される(現在未施行であるが、本文中では「法〇〇条」として引用)。現在は各種府令等の整備が進められている状況である。