事実

2021年7月30日から同年10月4日頃にかけて、X(債権者・債権者・相手方)は東証スタンダード市場上場会社であるY(債務者・債務者・抗告人)の株式を市場内で7.01%取得した。また、同年10月1日頃から2022年3月末にかけて、Y取締役会がXの共同協調行為者と認定した者(X関係者)もY株式を市場内で取得し、Xと合計で21.63%を保有するに至った。ただし、これ以降、XとX関係者(Xら)はY株式を追加で取得していない。