Ⅰ 概況

(1) 第208回国会に至るまでの状況

令和3(2021)年の第204回国会(常会)閉会後の同年9月3日、菅義偉総理は自民党総裁選挙への不出馬を表明し、同月29日の同総裁選挙では、岸田文雄衆院議員が第27代総裁に選出された。

これを受け、同年10月4日に招集された第205回国会(臨時会)では、菅内閣が総辞職するとともに、岸田議員が第100代内閣総理大臣に指名され、岸田内閣が発足した。そして、岸田総理による所信表明演説及びこれに対する代表質問が行われた後の同月14日、岸田総理は衆議院を解散した。